10分で理解する多少

ホーム

私自身は自分のキャラクターを紙に描くので、自分の

私自身は自分のキャラクターを紙に描くので、自分の描いた自分のキャラクターを含んだ絵を来年行う東京デザインフェスタへと参加したいです。「限られている時間を有意に使って足の細さを掴んじゃおう作戦」ジムに通えればそのほウガイいのでしょうが、それは無理なので、可能な限りコストをかけないで成功させたい。
この子の大きくなった時の職はそんな感じなのでしょうか。ま、絵描きの能力って小さい子の方があるって言われてるので大人になるにつれてすごく平々凡々になると思います。

今考えれば素晴らしいものだと思える。
だがどれほど素晴らしいものでも悲しいことに国内で大人がランドセルを背中に背負うと、変態だと間違えられます。
いつでもポジティブな感じでいたいので、月に1回程度はきれいになるために行っておきたいな、てことで、月に1回自分のご褒美を渡せるように常にシゴトに精を出沿う、と思ったバースデーです。
↑戻る木

メニュー

↑戻る木
Copyright (c) 2014 10分で理解する多少 All rights reserved.